今回はホンダCR-Vのフロントバンパーの修理工程をご紹介します。

今回はなんと

お客様がご自身でDIYで修理されました(゚д゚)!

しかも全くの素人ですが、自分で修理をしてみたいという事で初DIY修理を体験して頂きました(^-^)

ご安心ください!

私がしっかりとサポートさせて頂きますよ(^^♪

損傷具合はこちらです。

花壇にぶつけてしまった様です(;O;)

img_3488

img_3573

ステップ1

まずは、キズをサンドペーパー(紙やすり)で削って頂きます。

手で削っていては日が暮れてしまいますので(^-^;

ダブルアクションサンダーという道具を使って頂きます!

凄そうなマシンですね(゚д゚)!

この道具を使えば一気に削れます!!

便利ですね(^O^)

img_5469
img_3571


ステップ2

次は削って素地の出ている部分に塗装の密着が良くなるためのプライマーを塗り、プラサフという下塗りをしてもらいます。

スプレーガンを使い塗装をしてもらうのですが、その前に余計な部分に塗装が付かないようにマスキングをします。

人生初のスプレーガンを使った塗装にワクワクです(^O^)!

img_5467

img_3568
img_3567


ステップ3

プラサフが硬化したら、今度は細かいサンドペーパーを使い塗装面をツルツルに研磨してもらいます。

下地の仕上がりで、最終仕上がりが決まってしまいますので、ここは丁寧にやってもらいますよ(>_<)!

img_3578

ステップ4

下地が出来たら、いよいよ上塗りです。

このCR-Vは2コートのブラックパールです。

2コートとは塗膜が2層になっています。

ベースカラーのキラキラしたパールが入った黒を塗装したあとに、ツヤを出すためにクリヤーコートをします。

上塗りは失敗が許されないので緊張しますね(゚Д゚;)!!

img_3496

綺麗に塗れました(^O^) 教え方が上手いのかな(笑)

ステップ5

塗装が終わったら、乾燥専用のカーボンヒーターで温めて塗装を乾燥させます。

塗装が乾燥したら、塗装表面に着いた細かなゴミをサンドペーパーで研ぎ落としポリッシャーという機械で磨いてもらいます。

img_5468

磨きの技術も奥が深いのですが、しっかりとご指導させて頂きますよ(^-^)

磨き終われば、このように新車同様に仕上がりました(^^♪

オーナー様には、朝一修理車両を乗ってきてもらい夕方には修理完了しましたヽ(^。^)ノ

素人とは思えない仕上がりですね(^O^)

オーナー様も大満足です(*^▽^*)

img_3565
img_3564

後日、感想を頂きました(^-^)

感想はコチラ→CR-VフロントバンパーのDIY修理の感想

修理に出すと思ったより料金が高い、自分で出来る事なら自分でやりたい!!でも修理方法が分からない(:_;)

そんな方におすすめです(^O^)

ホームセンターやカー用品店に缶スプレーを買いに行く前に笠間市のガレージ・サクライにお立ち寄りください!!

※ 「修理事例」一覧はコチラ!

※ お客様の声」一覧はコチラ!

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

 

お気軽に080-1330-9630までご連絡下さい!
「ブログを見た!」とお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせも承ります。
garage_sakurai@yahoo.co.jp

 ◆ ガレージ・サクライ ◆

所在地:〒309-1738 茨城県笠間市大田町976-15
TEL・FAX:0296-73-6188
Mobile:080-1330-9630
定休日:月曜日
営業時間:AM9:00~PM7:00
(PM7:00以降でも対応できますので、まずはお電話下さい。)

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴