今回はホンダ、フィットのリヤゲートとリヤバンパーの板金塗装修理のご紹介です。

お客様の不注意でバックの最中にぶつけてしまった様です(;_;

新車で購入されて大切に乗られていたので大変ショックを受けておられました(+o+)

img_5642

img_5643

img_5644

 

色々とご相談させて頂いた結果、保険をなるべく使いたくないという事で、

コストをなるべく安く抑えるために部品交換ではなく

板金塗装修理で対応させて頂く事となりました。

ガレージ・サクライでは鈑金塗装を一番得意としておりますので

板金塗装修理でも、新車に近い仕上がりで修理させて頂きますよ(^^♪

まずは、リヤゲートの付属部品、リヤバンパーを外して行きます。

リヤゲートは裏から手が入りますので、裏からある程度押し出し

更にスタッド溶接機という溶接機を使い、へこんだ鉄板を引き出します。

img_5656

ある程度へこみを出したら、パテを塗ります。

パテを乾燥させたら、サンドペーパーで研磨してさらに平らにします。

img_5660

そして、プラサフを塗付します。

プラサフを塗付する事により、より高品質に仕上がります(^O^)

そして、さらに細かいサンドペーパーでプラサフを研磨します。

img_5664

バンパーは樹脂製なので熱を加えて元の形状に復元します。

img_5666

やはり、わずかに残った歪みはバンパー用のパテを塗り硬化したら

サンドペーパーで研磨、そしてプラサフを塗布します。

マスキングをしたらいよいよ塗装です。

img_5668

こちらのフィットは3コートホワイトパールとなります。

あらかじめ作っておいた塗料を、ベースカラーのホワイト、

パールベース、ツヤをだすためのクリヤと塗り重ねます。

img_5679

img_5680

img_5682

img_5681

塗装を乾燥させたら表面を磨きます。

そして、部品を組み付ければ完成です(^^♪

img_5687

img_5688

お客様には仕上がりはもちろんの事、修理価格も大変ご満足いただけました(^O^)

※ 「修理事例」一覧はコチラ!

※ お客様の声」一覧はコチラ!

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

 

お気軽に080-1330-9630までご連絡下さい!
「ブログを見た!」とお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせも承ります。
garage_sakurai@yahoo.co.jp

 ◆ ガレージ・サクライ ◆

所在地:〒309-1738 茨城県笠間市大田町976-15
TEL・FAX:0296-73-6188
Mobile:080-1330-9630
定休日:月曜日
営業時間:AM9:00~PM7:00
(PM7:00以降でも対応できますので、まずはお電話下さい。)

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴