今回はヴォクシーの左後ろ部分の修理のご紹介をいたします。

オーナー様がバックした際に壁に擦ってしまった様です(;_;

左クォーターパネルと、リヤバンパーの左部分にスリキズがついてしまいましたので

こちらを直します。

img_2755

へこみは無いようなので、まずはサンドペーパーでキズを研ぎ落としていきます。

img_2756

キズを研ぎ落としたら、下塗りのプラサフを塗装します。

プラサフを塗装することにより、仕上がりや塗装の持ちが良くなります(^O^)

プラサフを乾燥させたら、細かいサンドペーパーでツルツルになるまで研磨します。

ここをサボると上塗りに影響してしまいます((+_+))

img_2758

次は塗装する色を調色します。

この車のカラー番号を参考に色を作ります。

塗装面の経年劣化により、純正色とズレが生じていますので再現するのが難しいです(^^;)

何とか色が合いましたので、車両の塗装面以外をマスキングして塗装作業に移ります。

img_2783

色は2コート仕上げの薄ピンクメタリックになります。

2コートとは1コート目でベースカラーのメタリックを塗装し、2コート目で

つやを出すためのクリヤーコートを塗装します。

ベースカラーのメタリックはムラになりやすいので注意しながら塗り重ねます。

ベースカラーを乾燥させたら、つやを出すためのクリヤーコートをします。

クリヤーは塗装面がザラつかないように、垂らさないように塗装します。

塗装は気温、湿度等に影響されやすいので、薄め用のシンナーやスプレーガンの

吹き付けのエアー圧力、塗装面との距離、吹き付け重ねパターン、運行スピード・・・等

その時の状況に合わせたベストな状態で塗装します。

クリヤー塗装まで終わり、専用のヒーターで乾燥させ塗装面を磨けば完成です。

ムラ無く綺麗に仕上がりました(^_^)v

img_2784

img_2798

img_2800

img_2801
お客さまにも大変喜んで頂けました(*´▽`*)

また今回は塗装修理となりましたが、磨いてキズが消えてしまうケースも多々

ございますのでまずはお気軽にご相談ください(^^♪

※ 「修理事例」一覧はコチラ!

※ お客様の声」一覧はコチラ!

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

お見積りは無料!※無料代車あり!

お気軽に080-1330-9630までご連絡下さい!
「ブログを見た!」とお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせも承ります。
garage_sakurai@yahoo.co.jp

 ◆ ガレージ・サクライ ◆

所在地:〒309-1738 茨城県笠間市大田町976-15
TEL・FAX:0296-73-6188
Mobile:080-1330-9630
定休日:月曜日
営業時間:AM9:00~PM7:00
(PM7:00以降でも対応できますので、まずはお電話下さい。)

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴