笠間市在住のお客様よりご依頼いただきました。

アクセラの板金塗装修理のご紹介になります。

お車の左後ろを壁に擦ってしまい(゚Д゚;)

ホームページを見て笠間市のガレージ・サクライにご来店頂きました!!

 

お客様とご予算や仕上がり具合などを、打ち合わせさせていただき

部品交換などはせずに、板金塗装修理で対応させていただく事となりました。

板金塗装修理でもしっかりと新車以上の仕上がりを目指して

修復させていただきますよ(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

損傷具合はといいますと、左クオーターパネルとリヤバンパー左側に深い傷と

ヘコみができてしまっています。

まずは、クォーターパネルを板金しやすいようにリヤバンパーを外します。

クォーターパネルの材質は金属となります。

通常当盤(あてばん)とハンマーを使い、叩いて歪んだ鉄板を平らにしていくのですが、

今回は後ろから当盤を入れるスペースが無かったため、スタッド溶接機という機械を使い

鉄板を引き出して行きます。

旧塗膜を剥離して金属部分にスタッド溶接して引き出します。

引き出し完了です!!

その後、ノンクロムプライマーを塗付します。

防錆とこの後付けるパテの密着を良くします。

ノンクロムプライマーを乾燥させたら、パテを薄く塗付します。

パテとは粘土状の樹脂で硬化剤を混ぜ塗り熱を加えると固まりますので、

サンドペーパーで研磨し更に平らに仕上げます。

研磨し終えたらプラサフを塗装し → 乾燥 → 細かいサンドペーパーで研磨

となり下地の完成となります。

お次はリアバンパーの補修です。

リアバンパーはプラスチック素材となります。

深い傷をサンドペーパーで研磨し、残った傷や歪みはプラスチックプライマーを塗付し

パンパー専用パテを塗り、乾燥させ研磨します。

やはりプラサフ塗装 → 乾燥 → 細かいサンドペーパーで研磨し

こちらも下地は終了です。

いよいよ塗装に入りますが、こちらのボディ色に合わせて色を調合します。

色が合いましたら、余計な部分に塗装が付かないように

専用のビニールやテープでマスキングをします。

まずは、ベースカラーのメタリックを吹き付け、

乾燥させたらツヤを出すためのトップコートクリヤを塗装します。

クリヤをしっかりと乾燥させたら、部品を組み付け磨いて完成です(*^-^*)


もちろん、お客様には仕上がりに大変満足されておりました(^^♪

笠間市のガレージ・サクライではお客様のご予算、仕上がり具合に合わせた修理内容を

ご提案させて頂いております。

まずは笠間市のガレージ・サクライまでお気軽にご相談ください!!

※ 「修理事例」一覧はコチラ!

※ お客様の声」一覧はコチラ!

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

 

お気軽に080-1330-9630までご連絡下さい!
「ブログを見た!」とお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせも承ります。
garage_sakurai@yahoo.co.jp

 ◆ ガレージ・サクライ ◆

所在地:〒309-1738 茨城県笠間市大田町976-15
TEL・FAX:0296-73-6188
Mobile:080-1330-9630
定休日:月曜日
営業時間:AM9:00~PM7:00
(PM7:00以降でも対応できますので、まずはお電話下さい。)

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴