笠間市のお客様よりお預かりしました、ルークスのリヤゲートとリヤバンパーの鈑金塗装修理のご紹介です。

バックした時にポールにぶつけてしまったようです(>人<;)

軽くぶつけてしまっただけですが、実際見てみたら思いの外凹んでしまっていたので驚かれたようです。

今の車は鉄板が薄くなっているので、軽くぶつけてしまうだけでも、これだけ大きく凹んでしまうんですね(-。-;

お客様と、ご予算と仕上がり具合を相談させて頂き部品交換にすると高額になってしまうため、鈑金塗装での修理となりました。

安心してください、鈑金でもしっかり直りますよ(^O^)

 

IMG_2709
IMG_2713

まずは、特殊な接着剤とプレートで凹みを引き出します。

IMG_2715

ある程度凹みが出たら、塗装を剥離してスタッド溶接機という特殊な凹みを出す装置で更に凹凸を無くして行きます。

ここまで平らになりました(^_^)

IMG_2720
IMG_2723

そしたら、薄くパテを塗ります。

熱を加えるとカチカチに固まります。

IMG_2724

パテが固まったら、サンドペーパーで平になるようにパテを削っていきます。

完全に平になったらプラサフ(プライマーサフェーサー)を塗布します。

IMG_2736

IMG_2741

プラサフを塗ることによって上塗り塗装がより綺麗に仕上げることが出来ます。

プラサフを乾燥させたら更に細かいサンドペーパーで塗装面がツルツルになるまで研磨していきます。

リヤバンパーは樹脂で出来ているため、変形している部分はヒートガンで熱を加え元の形に成型していきます。

細かい部分はパテで整え、やはりプラサフで仕上げます。

IMG_2742

これで鈑金作業は終了です。

いよいよ塗装作業に入っていきます。

まずは、この車両のカラーコードで色を作り、現車に合わせて更に微調色していきます。

色が完成したら、塗装面意外に塗料が付着しないように専用の紙やテープなどでマスキングをします。

マスキングが完了したら塗料がはじかないようにしっかり脱脂をします。

IMG_2748

スプレーガンでシルバーの顔料を吹き付け、色が違和感なく染まったら、光沢を出すためにトップコートクリヤーを吹き付けます。

IMG_2750
IMG_2753
IMG_2754

塗装を乾燥させ、磨いて部品を組みつければ完成です。

鈑金でも、ここまで復元できます(^O^)

お客様にも、この仕上がりに大変喜んで頂けました。

IMG_2769
IMG_2770

今回は鈑金にて復元しましたが、もちろん新品交換、中古部品での交換など、お客様の予算や仕上がり具合に応じて対応させて頂きます。

まずは、お気軽にお問い合わせください(^O^)

__________________________________
お見積りは無料!

お気軽に080-1330-9630までご連絡下さい!

「ブログを見た!」とお問い合わせ下さい。

メールでのお問い合わせも承ります。

garage_sakurai@yahoo.co.jp

無料代車あり!

所在地:〒309-1738 茨城県笠間市大田町976-15
T E L・F A X 0296-73-6188
TEL:080-1330-9630
定休日:月曜日
営業時間:AM9:00~PM7:00
(PM7:00以降でも対応できますので、まずはお電話下さい。)