今回はハリアーのリヤゲートとリヤバンパーの修理のご紹介をします。

バックした際にポールにぶつけてしまい大きくへこんでしまいました((+_+))

img_5411
img_5413

お客様とご相談の上、あまり予算の掛からない修理方法で直させて頂く事となりました。

修理方法と仕手は、リヤゲートを板金塗装で修理をします。

こんなに大きなへこみでもしっかり直りますのでご安心ください(^-^)

リヤバンパーは取り合えずへこみが戻っていれば良いという事なので、塗装はせずに熱を加えて

元の形状まで戻すという事になりました。

まずは、リヤバンパーやリヤゲートの付属の部品を外します。

まずはリヤゲートの塗装を剥離しはスタッド溶接機という機械でへこんだ鉄板を引き出して行きます。

img_5428

ある程度へこみを戻したら、パテを塗ります。

パテとは硬化剤を混ぜると固まる樹脂です。

img_5429

塗ったパテが固まったら、サンドペーパーで平らになるまで削ります。

補修か所が平らになるまで、パテ塗り→乾燥→サンドペーパーと繰り返します(゚Д゚;)

納得いくまで仕上がったら、プラサフと言って下塗りを塗装します。

プラサフとはプライマー、サーフェーサーの略で

細かい傷を消し上塗りの密着を良くし仕上がりをきれいにします。

プラサフを乾燥させたら、細かいサンドペーパーで研磨します。

こちらの車種の色は3コートパールとなります。

色を作りましたら、マスキングをして塗装をします。

img_5430

まずベースカラーベースカラーの白、そしてパールベース、最後にトップコートクリヤでツヤを出します。

img_5432

塗装は専用のヒーターで強制乾燥させ、ツヤツヤに磨きます(^-^)

そして、外した部品と変形を戻したリヤバンパーを装着すれば完成ですヽ(^。^)ノ

img_5434
img_5436

部品交換をするよりも板金で修理した方がコストが安くおさえられます。

仕上がりはお客様に大変ご満足頂けました(*´▽`*)

まずはお気軽にご相談ください(^^♪

※ 「修理事例」一覧はコチラ!

※ お客様の声」一覧はコチラ!

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

 

お気軽に080-1330-9630までご連絡下さい!
「ブログを見た!」とお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせも承ります。
garage_sakurai@yahoo.co.jp

 ◆ ガレージ・サクライ ◆

所在地:〒309-1738 茨城県笠間市大田町976-15
TEL・FAX:0296-73-6188
Mobile:080-1330-9630
定休日:月曜日
営業時間:AM9:00~PM7:00
(PM7:00以降でも対応できますので、まずはお電話下さい。)

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴