【オールペイントで中古車をリニューアル・リフレッシュ!】

▼作業前

笠間市より日産・スカイライン2000RSのお客様です。
ご依頼は近所の車好きのオーナー様からとなります。
オーナー様が以前から憧れていたスカイラインを手に入れ全塗装のご相談を受けました。

作業内容 ・・・・・・・・オールペイント

▼ 古い車の為経年変化により塗装が劣化していたので全塗装でリフレッシュしたいとの事でした。
ご希望は赤と黒のツートンカラーにしたいとの事でした。

▼ シルバーメタリックと黒のツートンカラーから赤と黒のツートンに変えていきます。

▼ さすがに車の表面に擦り傷や塗装の劣化が見られたのでサンディングで削って滑らかに仕上げました。
パテ塗りが必要な個所はパテを盛り付けて研磨を数回繰り返して平滑に仕上げます。

▼ 車体後部はテールランプも取り外して作業を行います。

▼ トランクに取り付けられていたスタビライザーウイングを取り外して、取り付け個所の穴埋めを行います。

▼ フロントバンパーは取り外して単体で補修・塗装を行います。

▼ リアバンパーの塗装に当たっては塗料がかかってはまずい部分を専用のシートでマスキングをしてから塗装をします。

▼ 塗装に入る前に下地処理として細かいサンドペーパーで足付けを行います。
足付けをすることで塗料の食いつきを良くし、塗料の乗りが良くなります。
次に、塗装面全体の脂分・ワックスを専用のシリコンオフで脱脂を行います。

ここでの下地処理は仕上がりを大きく左右するため神経を使います。

▼ いよいよ塗装工程に入りますが、車を塗装専用のブースに移動し、ほこりの付着などを防止します。
ドアの内側の塗装をするためドア内張を取り外して塗装面以外の個所をビニールシートでマスキングを行います。
さらに室内に塗料が入りこまないようにマスキングは丁寧に行います。

▼ これからご希望のカラーを塗装していきますが、あらかじめカラーサンプルをいくつか作成し、しっかりと打ち合わせを行い、塗装色を決めます。
ご予算の関係上エンジンルーム内までは塗装しませんでしたがドアを開けた内側はご希望の色を塗装しました。

▼ 足付け・脱脂が完了したら塗装前の下地処理としてのプラサフを塗布します。
プラサフ塗装を行うことで防水・防錆の効果があります。

▼ 経験豊富な塗装職人により調色された塗料を専用のスプレーガンでプラサフの塗装が隠れていることを確認しながら一度にべったり塗装せず数回に分けてベースカラー塗装をしていきます。

▼ ベースカラー塗装が完了したら透明なクリアの塗装をします。
クリアのベースと硬化剤を混ぜて塗装します。
トップコートとしてのクリア塗装は、紫外線による色の退化を防止するとともに耐候性に優れます。

▼ 最終仕上げに数種類のパフとコンパウンドを使い分け、ポリッシャーを使用して塗面を磨いて仕上げます。

1983年衝撃的なデビューをしたスカイライン DOHC2000ターボRSが、蘇りました。
当時薄型ヘッドランプ ラジエターグリルレスのデザインにより「鉄仮面」と呼ばれていたようですが、今見てもカッコいい車ですね!

▼ 当時、俳優のポールニューマンがイメージキャラクターを務めていたことから「ニューマンスカイライン」とも呼ばれていたそうです。

▼ 最後に太陽の光にあて、塗装の曇りやムラ、磨き残しがないかを確認して完成です。

納車の際は洗車・室内清掃をして綺麗な状態にしてお引き渡しとなります。

仕上がりはオーナー様に大変喜んで頂けました (*^-^*)
往年の名車が蘇り、素敵なカーライフをお過ごしいただけたらと思います。

修理が高額になりがちな外車、輸入車の修理も1度、笠間市のガレージ・サクライにご相談ください!!

※ 「修理事例」一覧はコチラ!

※ お客様の声」一覧はコチラ!


∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

お気軽に080-1330-9630までご連絡下さい!
「ブログを見た!」とお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせも承ります。
garage_sakurai@yahoo.co.jp

 ◆ ガレージ・サクライ ◆

所在地:〒309-1738 茨城県笠間市大田町976-15
TEL・FAX:0296-73-6188
Mobile:080-1330-9630
定休日:月曜日
営業時間:AM9:00~PM7:00
(PM7:00以降でも対応できますので、まずはお電話下さい。)